リストラまでのつづら日記(TradeCarViewを開始しました!)

リストラ宣告後、中古車輸出(トレードカービュー)を始めた元リーマンの悪戦苦闘日記(笑)

中古車輸出新サイト、CarFromJapanのセミナーに参加してきました~♪ 中古車輸出

ランドマークタワーのホテル

先日、中古車輸出新サイト、CarFromJapanというサイトがセミナーを行うというので、参加してきま
した~♪ (上の写真はこれとは関係ありません。。)
バングラディシュの社長さんがお仲間と立ち上げた会社で、売りは料金の安さとバイヤーとの交渉を
代行してくれるということ。。。これなら英語不得意の方でも大丈夫かも。
もちろんオファー課金も無いし、ペイトレの擦り付け合戦も無い、こちらはちゃんと利益を含んだ
FOBで掲載すれば、あとは注文までおまかせ。。。で今のところはそのあとの乙仲さん手配は個々で
やるのだけど将来的にはスマートトレードみたいに乙仲さん手配から全部ワンパスで行ってくれると
のこと、これは便利。あとターゲットの国として、アフリカ以外にミャンマーやロシア、バングラが
入っていることがTCVと違うところかな。
でも、まぁ、最大の違いは立ち上がったばかりということもあり、TCVと違い、我々、加盟店からの
意見やニーズを一番に考えて、サイトをより良いものに改善していく熱意を持ったチームになって
いるところですかね。もちろん、まだヨチヨチ歩きなので、検索エンジンから見つけてもらうのにも
2~3か月かかるし、当初からガンガン、オファーが来る即効性のあるものではまだないでしょう。
ただし、費用、月会費1万円!!というのは大バーゲン価格で、試してみる価値は大いにあるかなと。

まぁ、あと期待はATLさんと大阪の会社さんとでニュージランドへのオークションサイトである。
こちらは遅れていて、来年の春くらいから開始のようです。
他にも関西方面で大手さんが同様の話を考えているとのことも聞いています。
今年は円安に押されて中古車輸出が個人零細業から大手法人へ以降しっつある感覚をこのブログでも
お伝えしてきたかと思います。
そんなこんなで今までカービューさんが独占状態で好き勝手にやっていたこの業種にも新しい風が
吹いてきたのは非常に喜ばしい点でしょう。今までは我々が絶対的に立場が弱く、
カービュー辞めますか? 中古車輸出辞めますか? ・・という選択しかありませんでしたので。

ただ、それで、ここ半年くらいでTCV加盟店にも変化がおきています。まぁ、悪いですけど1年目の方
が撤退していくのは、TCVでは普通のこと、だけど異変は2、3年目の結構売っていた方たちが在庫を
大きく減らしたり、撤退されている現象が今年から起き始めているということです。
私の周りもかなりの数の方がいなくなっているようです。。まぁ、これは今年からブログで書いてます
が、ある意味で大手法人VSカービュー連合でアフリカ市場において、市場を食いつぶされているから
でしょう。つまりは負けつつある。
まぁ、カービュー連合といっても所詮は烏合の衆、旗振り役はおらず、元締めのカービュー黒幕さんは
いかに姑息に加盟店から搾取してやろうかと考えることで手いっぱいなのですから。

で、このメイン写真はCarFromJapanとはまったく関係の無い、その後の中古車輸出個人事業主相互扶助
会(仮称)でのひとこまです。まさにこのプレゼン資料、TCVの現状を良く表してますね!
あちこちで苦笑でした。。。平気でペイトレを使わないと悪い加盟店に騙されちゃうよ、なんてことを
いいながら、ペイトレ費用は加盟店からちゃんと搾取する、そう、パックマンみたいです。(笑

まぁ、私がこういう話を書いたのも12月からの新搾取プランが要因かな。。。正直、呆れました。。
私は実は結構前から他の方からこの動きを聞いており、現在、厳しい中も頑張っている他の加盟店の方
もこの搾取プランを知って、もうほどほど愛想が尽きた。。。という方が多いですね。
また、告知の仕方も姑息です。。ちゃんとした組織であれば、前もって説明会などを開き、部長、課長
など管理職クラスから発表してもらい、加盟店からボロクソ言われる。。。(笑)
まぁ、実質的な値上げになる訳ですから、そういうとこもしょうがないです。
ただ、そうはせずに、わざわざ手をかけてひとりひとり電話をかけて説明をするなんて、ほんと姑息と
いうかブラック。ようはここの管理職クラス、一切出てこず、逃げているんですね。。
ほんと男らしくない。。。なんのための高い役職手当なんでしょうかね。
まぁ、消費税UPのときに便乗値上げでペイトレ外税にしちゃうことを平気で行う組織ですから。
あら、結局、愚痴っちゃった。(笑) まぁ、他サイトができてきて、ようやく面白くなってきたかな。。

未分類 |
| ホーム |